群馬県立中央中等教育学校
Gunma Prefectural Chuo Secondary School

 

 

MEMBER'S MENU

配付文書

治癒証明書
ダウンロード
卒業後の証明書の発行
ダウンロード
いじめ防止基本方針
ダウンロード
 
〒370-0003
群馬県高崎市新保田中町184
TEL: 027 (370) 6663
FAX: 027 (370) 4910
 

危険マップはこちらでご覧ください
 
閲覧数2805(2017年4月26日開始)

卒業後の証明書発行について

卒業後の証明書の発行について
(卒業証明書・成績証明書・調査書・単位修得証明書など)

 

1 中央中等教育学校(事務室)に来校の場合

(来校者は本人または代理人となります)

 

(1)来校時に必要なもの

ⅰ)証明書交付願(様式)

※ 交付願の様式は本校窓口でご入手いただくか、こちらからもダウンロードできます。A4サイズで印刷してください。

交付様式.pdf   交付様式(記入例) .pdf

 

ⅱ)原則として群馬県収入証紙(400円×証明書枚数分)

※ 群馬県収入証紙の販売場所は群馬県ホームページ(証紙売りさばき所)をご覧ください。

http://www.pref.gunma.jp/04/i0110004.html

 

ⅲ)来校者の身分証明書

運転免許証・健康保険証・パスポートなど

 

ⅳ)委任状(来校される方が本人または家族以外の場合のみ)

※ 本人自署のもの

※ 委任状の様式はこちらからダウンロードできます。A4サイズで印刷してください。

委任状様式.pdf

 

(2)申請方法

ⅰ)の書類に必要事項を黒ボールペンで記入の上、必要金額分の群馬県収入証紙及び身分証明書を添えて、事務室窓口に提出して下さい。

 

◎ 来校前に事前に必要枚数等を連絡して下さい。作成、所定の手続等に時間を要しますので、

  事前の連絡なしに来校されてもすぐにお渡しできない場合があります。ご注意下さい。

  (本校事務室 027-370-6663)

 

◎ 受付時間は平日9:00~16:00までとなります。

土・日・祝祭日及び年末年始(12/29~1/3)は業務を行いません。

 

 

 

2 郵送の場合

 

県外等に在住といったやむを得ない事情がある時は郵送での申請を受付けます。郵送によるやりとりのため、1週間以上の余裕を持って申請してください。その場合にも、必ず事前に電話連絡をお願いいたします。(本校事務室 027-370-6663)

 

(1)郵送時は次のものが必要です。

ⅰ)証明書交付願

上記1(1)ⅰ)の様式をダウンロードし、必要事項を記入してください。A4サイズで

印刷してください。

 

ⅱ)証明手数料

無記名の定額小為替(郵便局にて購入可能、400円×証明書枚数分)又は払込書にて

納付していただきます。

    ※払込書による納付の場合、定額小為替による納付の場合より発行に時間をいただきます。

 

ⅲ)身分証明書のコピー(証明書郵送時に返却します)

 

ⅳ)返信用封筒

長形3号(235㎜×120㎜)以上の封筒に返信先の住所・氏名をご記入下さい。

なお、証明書の種類・枚数によって封筒の大きさが変わりますのでお問合せください。

 

ⅴ)返信用切手

証明書1通であれば82円、2通であれば92円、3~5通であれば140円、6通

以上であれば205円が目安ですが、証明書の種類・枚数によって切手の金額が変わり

ますので、お問合せください。

 

 

※ 証明書交付願の投函後10日を過ぎても証明書が届かない場合は、お手数ですが本校

事務室(027-370-6663)まで電話でご連絡下さい。
 

教育実習について

群馬県立中央中等教育学校 教育実習について


平成31年度の教育実習を希望される方へ
(平成30年度の受付は終了しました)


1.資格 

実習生は原則として、本校の卒業生であり、強く教員を志望する者に限ります

2.申込受付期間 

平成30年4月2日~27日

* 「教育実習申込書」は4月27日必着とします。期間を過ぎたものは、理由の如何に関わらず受け付けません。

3.申込

取り扱い窓口は教務(担当職員:寺島 優美/細矢 瑞紀)となります。まず電話にて実習を希望する教科(科目)で本校の受け入れが可能かどうかを必ず確認してください。確認後、別紙「教育実習申込票」に必要事項を記入し、中央中等担当職員宛に郵送してください。(教育実習申込票.pdfクリックし、ダウンロードしてください。)

4.審査・決定・内諾

 本校教頭による面談を行い(5月上旬~中旬)、審査・決定をし、内諾を与えます。面談の日程は申込後に電話にて連絡します。審査の結果は本人宛に通知します。受け入れ人数は最大で10名程度で、各教科の受け入れ人数もその年ごとに協議を行っており、各教科(科目)の定員がオーバーした場合や面談の結果によっては受け入れられないこともあります。

5.その他

・教育実習期間は、平成31年6月を予定しています。他の月での受け入れはできません。

・大学宛内諾書等の書類の提出が必要な場合は、担当職員と相談してください。

・教育実習オリエンテーションは、平成31年5月上旬を予定しています。オリエンテーションでは、実習の心得や諸注意後、担当教員との打ち合わせが行われます。

・学校規模の関係で受け入れ人数が限られます。附属学校等、大学の関係する機関での教育実習が可能な方は、そちらを優先して下さい。

・教育実習期間(受け入れ/オリエンテーション~事後指導まで)の車での通勤は出来ません。

毎年、面接後内諾を大学側に報告した後に辞退を申し出る者がいます。民間への就職活動を行うなど、辞退の可能性があるままの申込みは厳に慎んで下さい。

 

第2回日本学生支援機構奨学生の募集について

 日本学生支援機構の貸与型奨学金の予約採用(大学等の合格が決まる前に申し込むもの)について、卒業後2年以内の方は母校を通じて申請ができます。
 希望がある場合は、以下のリンクをご覧いただき、学校事務室へご連絡ください。
申込書は学校事務室にて配付しています。学校への書類提出期日は11月8日(水)です。

PDFダウンロードはこちらになります。ご利用ください。